マイホームを売った時の5つの特例

 

個人がマイホーム(居住用財産)を売却したときに利益(譲渡所得)が生じれば、一定の要件を満たすことで譲渡所得から最高3,000万円までを控除することができます。
売却などによる利益が3,000万円以内なら、その譲渡所得に対して所得税が課税されません。その他、マイホームを売却した時にはいくつか特例で税金が軽減できる制度がございます。