不動産譲渡所得

 

不動産を売却したことによって生じた所得を譲渡所得といいます。譲渡所得に対しては、他の所得と分離して所得税と住民税が課税されます。なお、譲渡所得がマイナスの場合は課税されません。

 

譲渡所得の計算

 

譲渡所得=譲渡収入金額(*1)-{取得費(*2)+譲渡費用(*3)}

 

*1 譲渡収入金額には、土地・建物の売買代金だけでなく、固定資産税・都市計画税の精算金も含まれます。

*2 取得費は、①土地の購入代金 ②建物は購入代金から減価償却費を差し引いた金額 ③仲介手数料 ④印紙代 ⑤登記費用 ⑥不動産取得税が含まれます。

*3 譲渡費用 売却時にかかった費用で、①仲介手数料 ②印紙代 ③登記費用が含まれます。

*4 登記費用のうち、相続登記に関する登記費用は含まれません。

*5 実際の取得費が収入金額の5%に満たない場合や不明の場合は、その5%相当額を取得費の金額として計算することができる

税額計算

 

税額=課税譲渡所得×税率(所得税・住民税)

 

譲渡益に対する税率は、他の所得と分離して課税され、対象になる不動産の用途と所有期間によって税率が異なります。

 

 

 

譲渡した年の1月1日現在で5年を超えているか、5年以下かで判定します

 

 

 

譲渡所得の税率

 

復興特別所得税として、所得税部分に対し、2.1%相当が上乗せされます。(下記の表は復興特別所得税折り込み済です)

不動産譲渡所得に対しての特例

 

使用の使途(居住用・事業用・その他)によって特例が異なります。

3,000万円特別控除10年超所有軽減税率の特例特定居住用財産の買い替え特例については、別ページで説明しています。

 

 

 

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • Google+のソーシャルアイコン

お問い合わせ 

株式会社ライフコンサルティング

​大阪市住吉区長居3丁目13番8号

TEL06(4703)3300 Copyright 2015©life-consulting. All Rights Reserved.